しろがね矯正歯科、姫路、矯正
  • しろがね矯正歯科
  • しろがね矯正歯科:安心のポイント
  • しろがね矯正歯科:院長紹介
  • しろがね矯正歯科:クリニックのご案内
  • しろがね矯正歯科:矯正治療について
    • しろがね矯正歯科:矯正治療の目的
    • しろがね矯正歯科:大人の矯正について
    • しろがね矯正歯科:子供の矯正について
  • しろがね矯正歯科:治療の流れ
  • しろがね矯正歯科:矯正装置について
    • しろがね矯正歯科:大人の矯正装置
    • しろがね矯正歯科:見えない矯正装置
    • しろがね矯正歯科:子供の矯正装置
    • しろがね矯正歯科:その他の矯正装置
  • しろがね矯正歯科:よくあるご質問
  • しろがね矯正歯科:地図・アクセス
  • しろがね矯正歯科:お問い合わせ
しろがね矯正歯科ブログ
月・火・木・金
午前11:30~午後7:00

午前9:30~午後7:00
休診
水・日・祝
しろがね矯正歯科:矯正歯科ネット
HOME > 矯正装置について

矯正装置について

装置は、患者さんのお口の中の状態に応じて多種多様に選択されます。
ここでは、当院で用いられる装置をご紹介します。


大人でよく使用される矯正装置

大人でよく使用される矯正装置

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

歯1本1本を正確にコントロールすることができる、矯正治療で最もスタンダードな装置で"マルチブラケット装置"といいます。 歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。
装置にはたくさんの種類があるため、当院では患者様のご希望に応じながら治療を行っています。

表側に付ける矯正装置と、裏側に付ける矯正装置をご紹介します。

表側からの矯正装置

歯の表面に装置「ブラケット」が付きますので、見た目がやや目立つということがあります。 しかし術者にとっては治療がし易いため、歯を確実に理想的な位置に移動させることができるのが特徴です。ブラケットにはいくつかの種類があります。

Ⅰ.メタルブラケット

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

これまで、矯正といえばこの銀色の装置が主流でした。 メタルはどうしても審美的に難点がありますが、小さく薄くでき、なにより丈夫です。
現在でも、強い力が加わり目立たない位置にある奥歯によく使います。
また、他の装置などに比べ、ずいぶん安価で治療を行える為、見た目さえこだわらなければ、これも立派な矯正装置です。

Ⅱ.クリアブラケット

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

セラミックやプラスチック製のブラケットです。全体的に強度も高く、審美的にも歯の色に近く自然な色合いです。ホワイトコーティングしたワイヤーと組み合わせることで、より装置を目立たなくすることができます。




Ⅲ.セルフライゲーションブラケット

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

従来の矯正法

セルフライゲーションの方法

セルフライゲーションとは?
従来の矯正法では、ワイヤーとブラケットを縛り付けるため、歯を動かすには強い力が必要でした。しかしこの方法では、ブラケットにワイヤーを通すだけで済むため、生じる摩擦を従来の装置に比べ数百分の一に軽減します。その結果、歯の移動がスムーズになります。 このシステムの特長として

  • より弱い力で動くため歯や歯周組織に優しい
  • 弱い力で動くため歯の痛みが少ない
  • 治療中のストレスが軽減される
  • 歯が早く動くため、治療期間が短くなる
  • ワイヤーの調整頻度が少なく、通院回数も少なく済む

つまり、歯や生体のことを十分に考えられた装置です。


しろがね矯正歯科、姫路、矯正

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

デーモン3ブラケット

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

デーモンクリア

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

ブラケットの拡大図

ⅰ デーモンシステム

透明なブラケットと金属のシャッターの様な構造で出来ています。
この装置はワイヤーとブラケットを縛らないため、弱い力で、早く歯を動かすことができます。また歯や歯の周りの骨やあごの関節に対してもやさしい構造となっております。治療の範囲が広く、とくに歯を抜かない症例に適しています。

装置のサイズを小さくするため下半分が金属でやや目立ちますが、オールセラミックであるデーモンクリアの登場により、見た目がずいぶん改善されました。















ⅱ クリッピーC

透明なブラケット本体と金属製の開閉式のクリップ状のフタの様な構造から出来ています。これもデーモンシステムと同様に、ワイヤーとブラケットを縛らないためより弱い力でより速く歯が動きます。

また半透明のセラミック製なので、デーモンよりも目立ちません。 従来の装置と比べるとコストはかかりますが、審美的にも良く、痛みの軽減と治療期間の短縮に優れた矯正装置です。

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

クリッピーc

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

ブラケットの拡大図

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

装着した状態













裏側からの矯正装置

裏側矯正とは、装置が最も目立たない方法で、舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれています。 歯の裏側に装置が付くので、周りの人から矯正していることに、ほとんど気づかれません。 成人式や結婚式・・それ以外の大切な人生の記念日も装置を気にせず最高の笑顔で迎えられます。

フルリンガル

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

上の歯も下の歯も裏側に装置を付けて治療を行う方法です。
裏側矯正なら、接客業、モデルさんなど見た目の制約が多い職業の方でも周囲の目を気にする事なく歯並びの治療ができます。

汚れや歯石が溜まりにくく、普通の歯ブラシによるお手入れで清潔に保てます。小型の舌側矯正装置を使用することで、舌の不快感、歯の痛みや発音障害も大幅に減り、快適になりました。

ハーフリンガル

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

近年人気の半裏側矯正治療の方法です。
上の歯だけ裏側に装置を付けて、下の歯は表側に付けて治療を行う方法です。
下の歯は、普段から上の歯で覆われているため装置を付けてもそれほど目立ちません。
フルリンガルよりも費用が安く済みます。また下の歯の裏側に装置を付けないため、発音し易くなります。


最新の裏側装置

クリッピーL

しろがね矯正歯科、姫路、矯正しろがね矯正歯科、姫路、矯正

非常に小型で違和感が少ない最新式のブラケットです。
裏側矯正でありながら、表側矯正のデーモンシステムやクリッピーCと同等の機能を備えたセルフライゲーションタイプの装置です。そのため、ワイヤーとブラケットとの摩擦抵抗が大幅に減り、歯の動くスピードが向上します。 また、痛みも軽減され、通院の回数も少なくて済みます。
ドクターの操作性が格段によく、患者さんにとっても負担が軽くてすみます。
小型ゆえ、これまでの舌側矯正の大きな課題となっていた発音障害が軽減されます。


〜裏側矯正のメリット&デメリット〜

メリット

  • 虫歯になる可能性が少ない
    (歯の裏側は常に唾液が流れており、その殺菌作用で虫歯のリスクが少なくなります)
  • 前歯を十分後退させることが可能
    (出っ歯などの治療で、裏側矯正に比べ前歯を十分に引っ込めることができる)
  • 舌癖の防止
  • ワイヤー矯正のため、マウスピースタイプの矯正と比べて歯の移動が確実になる
  • 矯正治療をしながらホワイトニングができる

デメリット

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

裏側矯正用の予測模型

  • 舌に多少違和感があります
    (装置を歯の裏側につけた為に、慣れるまではどうしても違和感が出ますが、現在は装置が小型化されたことで、軽減されます)
  • 慣れるまで発音が困難です
    (これも現在、装置の改良が進み、思われている以上に影響は出にくいです)
  • 治療期間が多少長くなります
  • 費用が高めです
  • その人それぞれに合わせた治療の予測模型を作るため表側矯正よりも費用が高くなります




▲ページトップへ



インビザライン

新しい矯正:インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインとは、透明なマウスピース型の矯正装置です。
患者さまの歯並びをコンピュータで解析し、理想的な歯並びへ導くよう作製された特別な装置です。
一定期間ごとにマウスピース(アライナー)を順次交換・装着することにより、 少しずつ歯が移動してゆきます。ご自身で装置を装着し、歯を動かしてゆきます。
矯正装置が目立つことを気にされ治療をためらっている方には、最も適した方法ではないでしょうか?

インビザラインとは
〜インビザラインの特徴〜

【1】透明で目立たず、しゃべりやすい

インビザラインは何と言っても「透明」であるため、装着してもほとんどわかりません。
矯正治療中であっても、口元を気にせず笑顔を見せることができます。
また裏側矯正装置(舌側矯正)のような裏側の凹凸がなく、不快感が軽減されるためしゃべりづらさや発音障害がありません。接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。

インビザラインとは

【2】痛みがほとんど無い

新しいマウスピース(アライナー)に交換した直後はしめつけられるような感覚があります。
しかし決められた移動量しか歯を動かさないため、痛みも通常の装置と比べほとんどありません。

インビザラインとは

【3】食事も普段通りに

通常の矯正装置(ワイヤーを使用する装置)の場合、破損や装置の脱離を防ぐため、負担になる硬い食物、厚みのある食物など避けて頂く必要があります。
アライナーは取り外し可能なので食事の制限がなく好きなものを食べられます。

インビザラインとは

【4】ブラッシングしやすく衛生的

アライナーは自分で取り外し可能なため、歯磨きやフロスも普段通り行えます。
通常の矯正装置のように装置と歯の間に汚れが沈着することがないので治療中は歯や歯周組織の健康を保ちます。
アライナーは歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。

インビザラインとは

【5】金属アレルギーの方も安心

装置はプラスチックで出来ているため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。安心してお使いいただけます。

【6】矯正しながらホワイトニングも

インビザラインの特徴から、装置を利用してのホーム・ホワイトニングやフッ素塗布なども可能です。歯並びの治療とホワイトニングが同時進行で行えます。

〜ご注意〜
  • 症例によっては向き、不向きがございます。まずはご相談ください。
  • インビザラインは通常のマウスピース矯正と異なり、認定訓練を修了した矯正認定医のみ取り扱いが可能です。
    当院はインビザライン認定機関ですので、ご安心ください。

▲ページトップへ




子どもでよく使用される矯正装置

床拡大装置

しろがね矯正歯科、姫路、矯正しろがね矯正歯科、姫路、矯正

主に小児のとき、あごを広げて永久歯が並ぶ隙間をつくるための矯正装置です。
中央のネジを回すことで、あごが広がってゆきます。

またネジの位置を変えることで、数本の歯の移動や、理想的な方向に歯を移動できます。小さなお子様でも取り外しが可能な装置です。

しかしながらこの装置は、歯並びやかみ合わせを整えるといった複雑な歯の移動は出来ません。通常は拡大床で歯列の幅を広げた後、ワイヤー矯正の治療をする事が多いです。


バイオネーター

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

下あごの成長不足により、出っ歯になった小児の患者さまに使います。取り外しが可能で夜間使用が中心です。アゴを広くすることも可能です。





リンガルアーチ

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

歯の裏側につける固定式の装置です。症状の目的に合わせて使います。

・受け口(上の前歯が原因で)の治療
・永久歯が生えてくる場所を確保できる
・部分的な歯の移動が可能
・歯の後戻りの防止

クワドヘリックス

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

狭い上あごを広げる必要がある場合、この装置を使用します。この装置はワイヤーのみで出来ており、バネの力でゆっくりと顎を押し広げて行きます。




ペンデュラム

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

バネの力で奥歯を後ろに移動させる、ワイヤーと床からなる装置です。歯が並ぶ隙間が作られるため、デコボコの歯並びも将来的に非抜歯で治療できる可能性が高くなります。




ディスタルジェット

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

スプリングの弾力により奥歯を後ろに移動させる装置です。上記のペンデュラムと同じく歯が並ぶ隙間を作る装置です。





GMD (Greenfield Moler Distalizer)

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

上記の装置とよく似ており、奥歯を後ろに移動させる装置です。違いはスプリングが奥歯の表側と裏側から作用するため、ほぼ並行な歯の移動ができます。ただ装置が複雑なつくりであるため、歯磨きが難しいです。



▲ページトップへ




その他の矯正装置

保定装置

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

すべての患者様に、治療が終了した後、使っていただく装置です。 矯正が終了した直後の歯は、元の位置に戻ろうとする傾向が強いため、この装置を使って後戻りを防ぎます。 これは、自分で簡単に取り外すことの出来る装置です。
また他にも、透明で目立たないマウスピースタイプもご用意しています。

インプラント矯正

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

インプラント矯正とは、ワイヤー矯正と併用し、一時的に小さなインプラントを使用して矯正治療を進める方法です。

メリット

  • 治療期間が大幅に短縮されます
  • 歯を抜かずに治療できる可能性が高いです
  • 治療中のストレスが軽減される
  • 出っ歯などの治療を行うとき、より前歯を後退することができます
  • 従来では難しいとされた不正咬合の治療も可能です
  • 良い治療結果が得られやすくなります

デメリット

  • インプラントを埋め込むために小手術が必要です
  • インプラントが適合せず抜け落ちてしまう場合があります

小手術の内容

歯茎の部分に小さなネジ式のインプラントを埋め込みます。
歯茎に麻酔を少し行うだけ˚ で、痛みもほとんどありません。手術は10分程で簡単に終了します。その日から治療に 使用できます。

インプラントを除去する時には、麻酔は必要ありません。

▲ページトップへ