しろがね矯正歯科、姫路、矯正
  • しろがね矯正歯科
  • しろがね矯正歯科:安心のポイント
  • しろがね矯正歯科:院長紹介
  • しろがね矯正歯科:クリニックのご案内
  • しろがね矯正歯科:矯正治療について
    • しろがね矯正歯科:矯正治療の目的
    • しろがね矯正歯科:大人の矯正について
    • しろがね矯正歯科:子供の矯正について
  • しろがね矯正歯科:治療の流れ
  • しろがね矯正歯科:矯正装置について
    • しろがね矯正歯科:大人の矯正装置
    • しろがね矯正歯科:見えない矯正装置
    • しろがね矯正歯科:子供の矯正装置
    • しろがね矯正歯科:その他の矯正装置
  • しろがね矯正歯科:よくあるご質問
  • しろがね矯正歯科:地図・アクセス
  • しろがね矯正歯科:お問い合わせ
しろがね矯正歯科ブログ
月・火・木・金
午前11:30~午後7:00

午前9:30~午後7:00
休診
水・日・祝
しろがね矯正歯科:矯正歯科ネット
HOME > 矯正治療について

矯正治療について

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

矯正治療とは、不自然な位置にある歯を動かし、歯並びや噛み合わせを良くすることにより、生涯にわたって自分の歯を長持ちさせる治療です。
お口の健康維持には欠かすことができない、大切な治療です。


矯正治療の目的

矯正歯科治療の最大の目的は、良い歯並びにすることで肉体的にも精神的にも健康にすることです。

1.むし歯や歯周病を予防する

歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくく、むし歯や歯周病の原因になります。しかしきれいに歯が並んだあとは、ブラッシングがしやすくなり、むし歯などの予防になります。

2. 食べ物の消化が良くなる

咬み合わせが良くなると、食べものをしっかりと噛めるため、胃腸の消化を助けます。 栄養の摂取効率も良くなるため全身の健康によい結果をもたらします。

3. バランスのとれた口元に

出っ歯などで口元が出ている場合、矯正治療を行うことで美しい口元と、 さらに調和のとれた顔貌に整えます。

4. 全身の健康にも良い影響が

矯正治療を行うことは、安定した歯列が得られ、 全身のバランスが良くなり頭痛や肩凝りなどが軽減されます。

5. 心理面も改善

歯並びのことを気にされ、コンプレックスを感じる方も多いです。誰もが健康で、きれいな歯並びには好感を持つものです。歯並びのコンプレックスを取り、自信と笑顔を取り戻すことで心理面においても解消するでしょう。

▲ページトップへ




大人の矯正治療

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

多くの人が
成人になってから矯正治療を始められています。

年齢に上限はありません

矯正は子ども時代にしておくものというイメージがありますが、子どもの場合、成長する力を利用するため治療がしやすくなるというメリットがあります。

一方、大人の場合は発育が完了しているため治療計画が立てやすく、本人が納得して日頃のケアや通院に積極的に取り組むため、スムーズに矯正できるというメリットがあります。

しかし年齢が進むにつれて、歯の周りの骨や歯ぐきの新陳代謝が少なくなってきます。大人の方では、およそ85%にかくれ歯周病があると言われています。
もし、歯周病の疑いがある場合、その検査をし、必要であれば歯周病の治療をして頂くよう勧めています。
もちろん、矯正治療中も定期的に歯周病のチェックをします。
また、むし歯になった歯や、神経がとってある歯に関しても、歯茎(歯を支えている歯周組織)が健全であれば、何歳からでも矯正治療を始めることが出来ます。

治療計画が立てやすい

大人の矯正治療は、骨格の成長がすでに終了しているので治療計画が立てやすく、おもに歯並び中心の矯正治療になります。
完成されたあごの中で効率よく歯を並べていくためには、患者さんの骨格のバランスや咬み合わせのズレ、ガタつきの程度などを総合的に判断する必要があります。

治療としては抜歯と非抜歯の2通りの方法が選択枝に挙げられます。
できるだけ歯を抜かない方法を考慮しますが、無理に非抜歯で並べることは歯槽骨に負担がかかったり、口元が突出する事があります。
やはり骨格に合ったバランスのよい歯並びのためにも、十分患者さんとよく相談した上で決定してゆきます。

治療中のウエディングも安心

「矯正したいけれど、治療中に結婚の可能性もあるし・・・」
 と迷って治療のタイミングを逃している女性も多いはずです。

そんなときは大丈夫!人生で一番大事な晴れ舞台です。
もし表側に矯正装置を装着されている場合、ご希望があれば挙式の直前に一時的に矯正装置の除去を致します。
式が終了した後、再び装置を付け治療を継続致しますので問題ありません。 他にも、大切な行事がある場合はご相談下さい。治療中も安心して最高のウエディングを、最高の笑顔でお迎え下さい。

妊娠・出産が重なっても大丈夫

矯正治療中に妊娠・出産が重なっても、お口の中の状態を綺麗に保っていれば大丈夫です。 通常の矯正治療となんら変わりません。
妊娠中の歯磨き指導も含め、歯のクリーニングも徹底して行いますので安心です。

▲ページトップへ




子供の矯正治療

しろがね矯正歯科、姫路、矯正

子供の矯正治療とは、顎骨が成長段階にある子供の時期に行う矯正のことです。
この時期にかみ合わせの問題や習癖などを放置していると、不正咬合の原因となります。
また健康にも影響を与え、様々な生活習慣病のリスクを高めることがあります。

原 因

歯並びや咬み合わせがなぜ悪くなるのでしょう?
普段からお子様の生活習慣、食生活などに注意をしてあげてください。

1. 普段からの癖

・指しゃぶり
・舌を出す、舌を咬む
・口をいつも開けている
・頬づえをつく

2. 先天的な問題

顔つきや体格が遺伝するように、歯並びもご両親の影響を受けます。
他に問題として、歯の数が少ない、乳歯から永久歯への生え変わりの異常などが影響をあたえる場合もあります。

3. 食生活

柔らかいものばかりを食べる、良く噛まずに飲み込む、片側だけで噛むなど食生活は歯や顎の成長に大きく影響します。
これらは噛み合わせや歯並びに影響をあたえるばかりでなく顎や顔の形が変形してしまう原因でもあります。

4. 虫歯や鼻の病気

虫歯を放置したり早い時期に抜歯してしまうと、きちんと咬めなくなり、歯並びやあごの骨に影響します。
その他にも、アレルギー性鼻炎などで鼻が悪く、口呼吸をする癖がついてしまうと歯並びが悪くなる原因になります。

メリット

子供はまだ成長段階にあるので、ある程度あごの成長をコントロールしながら治療をすることが出来ます。
結果的に、将来の永久歯の咬み合わせの問題が少なくなるメリットがあります。

1. 抜歯の可能性が減る

顎の成長が完成した大人では、狭い顎だと歯が並びきれないために抜歯することがあります。 しかし子供の時期はあごを広げたり、あごを正しい成長に促す事により、将来歯を抜く可能性が減ります。

2. 装置をつける期間が短くて済む

あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。

3. 手術の必要性が減る

受け口になっている様な場合、それを放置する事はその後の成長で顎のずれが大きくなりすぎて、最終的に顎の手術を併用した矯正治療が必要となることがあります。 しかし、あらかじめ咬み合わせを治す事により、咬み合わせのバランスのとれた顎の成長が起こり手術の必要性が減少します。

子供の矯正治療をはじめる時期について

子供の矯正治療は、適切なタイミングで始めることが大切です。
お子様の症状の程度により適正な時期を決めるのが望ましいと思われます。
基本的に、成長期にあるお子さまの矯正治療は2段階の治療を行います。

1. 第1期治療(小学生~)

この時期は、あごの骨の旺盛な成長があり、乳歯と永久歯が混在する状態です。
咬み合わせの土台づくりの治療になります。
顎の成長を利用して上下の顎のバランスを整えたり、部分的な歯の矯正をすることで不正咬合の進行を予防します。

2. 第2期治療(中学生~)

この時期は、全ての永久歯が生え揃います。
再診断を行い、必要があれば仕上げの治療(第2期治療)を行います。
第2期治療は大人の治療と同じで、全ての永久歯をコントロールして良好な咬み合わせを作ります。

注意が必要な歯並び

• 舌を出す、咬む、指しゃぶりなどの癖がある
• 咬んだときに全ての歯が咬み合わず、一部の歯が干渉する
• あごが横にずれている
• 乳歯がむし歯などで早期になくなってしまった
• 乳歯がいつまでも残っている
• なかなか生えてこない永久歯がある
• 受け口

▲ページトップへ